トップページ → 宅配弁当は生活習慣病予防につながる

宅配弁当は生活習慣病予防につながる

宅配弁当の優れた点は、カロリー調整や塩分などのコントロールがしやすいところです。自分で食べる量をコントロールするのではなく、はじめから調理法に工夫がされているため、楽しく食事をすることができます。栄養指導を受けているような生活習慣病の方、生活習慣病予備軍の方でも、専用の宅配弁当を扱っている業者がありますよ。

 

カロリーや塩分を調整したお弁当
高血圧が心配な方が気をつけたいのが、食事の塩分の量です。そもそも食品にも塩分が含まれているものが多く、それに加えて調味料で味をつける料理には多すぎる塩分が問題になることが多いのです。

 

特に、コンビニや外食、ファストフードの食事などは、明らかに塩分過多となってしまう傾向が高めです。インスタント食品やレトルトの食品も、然りです。

 

塩分が控えめとされた食品でも、それだけを食べていては栄養バランスがくずれてしまいます。栄養のバランスよく、なおかつ塩分やカロリーを調整した食事を簡単にとるには、宅配弁当がピッタリです。

 

低たんぱくを意識したお弁当
生活習慣病でたんぱく質をコントロールするのは、塩分を調整するより大変かもしれません。そもそも、どのような食品がたんぱく質をどのくらい含むのかを把握しておく必要もあるからです。

 

また、主食になりやすいたんぱく質をどうしても我慢しにくいという問題も起こりがちです。このため、低たんぱくを意識した宅配弁当は、栄養指導を受けている人には最適です。

 

食事はできるだけ楽しく食べるのが、体のためになります。あれも食べられない、これも食べられないと我慢しながら食べる食事よりは、見た目も味も栄養のバランスも良い宅配弁当にお任せするほうがよさそうですね。