トップページ → どうして頭や毛髪が臭くなってしまうの?

どうして頭や毛髪が臭くなってしまうの?

頭皮、または毛髪が臭くなってしまっているのであれば、フケや頭皮のかゆみ、抜け毛と同じように、大量に皮脂が分泌されてしまっていることが原因である可能性が高いです。

 

皮脂が大量に分泌されてしまうと、毛穴を詰まらせてしまい、少しずつ酸化をしてしまいます。この酸化が臭さを生じされてしまっているのです。

 

皮脂が増えてしまっていたり、頭が臭くなってしまっていると、だんだん最近が増えていき、さらに悪臭を発するようになってしまうということだってあります。

 

人間の頭というのは、どれだけ清潔にしていたとしても、細菌が存在しており、この最近によって頭の免疫をしてくれています。この細菌のことを皮膚常在菌というのですが、この細菌というのは、皮脂が餌になっています。その皮脂が大量に分泌されてしまうと、それだけ細菌も増えやすくなってしまい、この細菌の老廃物によって臭さを放つようになってしまうのです。

 

さらに、皮脂が大量に分泌されてしまうと、それだけ多くの脂性フケが生じてしまいやすくなります。脂性フケが増えてしまうと、細菌の一つであるピツロスポルムが異常に繁殖をしてしまい、頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうこともあります。

 

この頭皮から分泌されている皮脂の量が増えてしまうのは、ホルモンバランスであったり食生活が乱れてしまっていること、睡眠不足になってしまっていること、洗髪を十分にしていないことなどが原因として考えられます。

 

その頭皮の環境を清潔にして、細菌が増えすぎないようにするためにも、シャンプー選びがとても大切になるのです。

 

頭皮や毛髪が臭くならないように対策をしていきたいのであれば、皮脂が大量に発生しないようにしていかなくてはなりません。たまに、皮脂を取り除くために洗浄力が高いシャンプーを選ぶという人もいるのですが、皮脂を取り除きすぎてしまうと逆効果です。適度に皮脂を取り除くようにしなくては、皮脂腺が過剰になってしまって、皮脂を過剰分泌してしまうことになるのです。

 

そのため、臭みを取り除くために洗髪をしたのに、かえって頭皮の臭いが悪化してしまう人もいます。このような悪循環にならないようにするためにも、皮脂を適度に取り除けるシャンプーを選ぶようにしましょう。